WindowsOS

FFFTPについて

Windowsでは古くから定番のFTPクライアントです。最新版は作者の方のサイトからダウンロードできます。

アップロード

アップロードとは、ファイルをサーバに「送信」することをさします。

ダウンロード

アップロードとは逆に、サーバからファイルを「受信」することをいいます。

FFFTPの設定

新規ホストの設定

1FFFTPを起動してください。

ffftp1.gif

※一番最初に設定する際はメールアドレスの入力を求められます。

2「ホスト一覧」が表示されます。

ffftp2.gif

「新規ホスト(N)」をクリックしてください。

3「ホストの設定」が表示されます。

「基本」タブを選択してください。

ffftp3.gif

各項目について、以下のように入力してください。

項目 内容
ホストの設定名(T) 任意の名称を入力
ホスト名(アドレス)(N) 「ftp.7so.ne.jp」と入力
ユーザ名(U) お客様専用管理画面に記載の「FTP-ID」を入力
パスワード/パスフレーズ(P) FTPサーバに対応したパスワード
ローカルの初期フォルダ(L) お使いのパソコンの中で、ホームページのファイルが入っているフォルダを指定すると、接続した際に「転送元」として指定したフォルダが表示されます。
ホストの初期フォルダ(R) 「public_html」と入力

入力後、「拡張」タブをクリックしてください。

4「拡張」タブが表示されます。

time-zone.gif

各項目について、以下のように入力してください。

項目 内容
PASVモードを使う(V) 通常チェックしておきます。
※チェックした状態で接続できない場合は、チェックをはずしてください。 
ホストのタイムゾーン(T)

「GMT+9:00(日本)」を選択

ポート番号(X)  「21」と入力(標準)

入力後、「OK」をクリックしてください。

設定は以上です。

ファイルの転送

1メニューバーの「接続(F)」から「接続(C)」を選択してください。

「ホスト一覧」が表示されます。

ffftp4.gif

先に設定した名称を選択した状態で「接続」をクリックしてください。

2接続が完了すると以下のような画面が表示されます。

ffftp5_new.gif 

左側:ローカルサイト(自分のパソコンのデータ)

右側:リモートサイト(サーバのデータ

3リモートサイト(右側)の転送先初期フォルダを開いてください。
※「public_html」が、お客様のホームページ領域となります。ホームページとして表示したいファイル(HTMLやJPEGなど)は、すべてこの中に収める必要があります。

左のローカル側からアップロードしたいファイルを選択してください。

4ローカルサイト(左側)から、アップロードしたいファイル等を選択してください。

 

5アップロードしたいファイル等を右クリックして、「アップロード」を選択ください。
※もしくは、アップロードしたいファイル等をリモートサイト(右側)にドラッグしてもアップロードが可能です。