WindowsOS

ホームページビルダーについて

簡単にホームページが作成できるソフトと、FTPソフトが一緒になった有料ソフトウェア。旧バージョンはIBM社が販売を行っていましたが、今はジャストシステム社が取り扱っています。最新版のホームページビルダーについてはこちらをごらんください。

アップロード

アップロードとは、ファイルをサーバに「送信」することをさします。

ダウンロード

アップロードとは逆に、サーバからファイルを「受信」することをいいます。

ホームページビルダー13の設定

FTPツールの設定

1ホームページビルダーを起動してください。

1.gif

2メニューバーの「ツール」から「FTPツールの起動(F)」を選択してください。

2.gif

3「ファイル転送設定」が表示されます。

3.gif

各項目について、以下のように入力してください。

項目 内容
サーバプロファイル名(P) 任意の名前を入力
プロバイダの選択(E) 「その他」を選択
FTPサーバ名(S) 「ftp.7so.ne.jp」と入力
FTPアカウント名(U) お客様専用管理画面に記載の「FTP-ID」を入力
FTPパスワード(W)  FTPに設定されたパスワードを入力
サーバの初期フォルダの設定(D) 「public_html」と入力

入力後、「詳細設定」タブをクリックしてください。

項目 FTPサーバ ユーザ名  転送先初期フォルダ
MRS Liteプラス xxx.mmrs.jp  webmaster-○○○ public_html 
MRS
エントリー
スタンダード
ビジネス
xxx.mmrs.jp webmaster-○○○ public_html
MRS Lite
(旧サービス)
 ftp.基本ドメイン  webmaster-○○○  public_html
MRS Value&Basic
(旧サービス)
 ftp.基本ドメイン
 webmaster-○○○  public_html

4「詳細設定」タブが表示されます。

5.gif

パッシブモードの「パッシブ(PASV)モードで接続を行う」にチェックしてください。

※この状態でFTPサーバに接続できない場合は、チェックをはずしてください。

設定後、「OK」をクリックしてください。

設定は以上です。

ファイルの転送

上記の接続設定で「OK」をクリックした直後は、下のように「ファイル転送」ウィンドウが表示されます。
開いていない場合は、メニューバーの「ツール」から「FTPツールの起動」を選択してください。

1上記の接続設定で任意で付けた「サーバプロファイル名」が選択されているか確認し、「接続」を押します。

6.gif

左側:ローカルサイト(使用しているパソコン内のデータ)
右側:リモートサイト(転送先のサーバ領域のデータ)

2リモートサイト(右側)の転送先初期フォルダ(public_html)を開いてください。

左のローカル側からアップロードしたいファイルを選択してください。

このWWW(もしくはpublic_html)の中が、お客様のホームページ領域となります。ホームページとして表示したいファイル(HTMLやJPEGなど)は、すべてこの中に収める必要があります。

3ローカルサイト(左側)から、アップロードしたいファイル等を選択してください。

4アップロードしたいファイル等を右クリックして、「アップロード」を選択ください。
※もしくは、アップロードしたいファイル等をリモートサイト(右側)にドラッグしてもアップロードが可能です。