Windows Liveメール 2011の設定

Windows Liveメールの起動

1スタートボタンから「すべてのプログラム」を選択し「Windows Live」項目にある「Windows Live メール」をクリックしてください。

01.png

電子メールアカウントの設定

2メニューバーにある「アカウント」タブを選択し「電子メール」をクリックしてください。

02.png

3「自分の電子メールアカウントを追加する」が表示されます。

03.png

各項目について、以下のように入力してください。

項目 内容
電子メールアドレス お客様のメールアドレスを入力
パスワード メールアドレスに設定されたパスワードを入力
表示名 任意の名前を入力
※メールを送信したときに、相手のメールソフトの「差出人」欄に表示される名前です。
お客様のお名前やニックネームなどを入力するとよいでしょう。
日本語で入力した場合、外国へメールを送った際に文字化けするおそれがありますので、海外へメールを送られる方は、ローマ字で入力することをお勧めします。

入力後、「次へ」をクリックしてください。

4「サーバー設定を構成」が表示されます。

04.png

各項目について、以下のように入力してください。

受信サーバ情報

項目 内容
サーバの種類 「POP」を選択
サーバのアドレス 「mail.7so.ne.jp」と入力
次を利用して認証する 「クリアテキスト」を選択
ログオンユーザ名 お客様のメールアドレスを入力

送信サーバ情報

項目 内容
サーバのアドレス 「mail.7so.ne.jp」と入力
サーバのアドレス・ポート 「587」と入力
セキュリティで保護された... チェックなし
認証が必要 チェックする
入力後、「次へ」をクリックしてください。

5「電子メールアカウントが追加されました」が表示されます。

05.png

「完了」をクリックしてください。

設定は以上です。

メールアカウントの編集

1WindowsLiveメールを起動し、「アカウント」タブをクリックしてください。

livemail20011_01.png

該当のメールアカウントを選択し、「プロパティ」をクリックしてください。

2「プロパティ」が表示されます。

「全般」タブが表示されます。

livemail20011_02.png

項目の入力内容を確認してください。

項目 内容
メールアカウント 任意の名称を入力
名前(N) 任意の名前を入力
※メールを送信したときに、相手のメールソフトの「差出人」欄に表示される名前です。
お客様のお名前やニックネームなどを入力するとよいでしょう。
日本語で入力した場合、外国へメールを送った際に文字化けするおそれがありますので、海外へメールを送られる方は、ローマ字で入力することをお勧めします。
会社名(O)  任意の会社名を入力
電子メールアドレス(M)  お客様のメールアドレスを入力
返信アドレス(Y)  返信アドレスは、お客様が送信したメールの受信者が、「返信」コマンドを使って返信する場合に使われます。
通常は空白にすることで、上記の電子メールアドレスに返信されます。

確認後、「サーバー」タブをクリックしてください。

3「サーバー」タブが表示されます。

livemail20011_03.png

項目の入力内容を確認してください。

サーバ情報

項目 内容
受信メールサーバーの種類(M) 「POP3」を選択
受信メール(POP3)(I) 「mail.7so.ne.jp」と入力
送信メール(SMTP)(U) 「mail.7so.ne.jp」と入力

受信サーバ

項目 内容
ユーザ名(A) お客様のメールアドレスを入力
パスワード(P) メールアドレスに設定されたパスワードを入力
クリアテキスト認証を利用してログオンする(C) チェックする

送信メールサーバ

項目 内容
このサーバーは認証が必要(V) チェックする

確認後、「詳細設定」タブをクリックしてください。

4「詳細設定」タブが表示されます。

livemail20011_04.png

サーバーのポート番号項目にある「送信メール(SMTP)(O)」の数値を「587」 に変更してください。

設定後、「OK」をクリックしてください。