MacOSX 10.2 (Jaguar)のダイヤルアップ設定

ここではモデムを利用したダイヤルアップ接続について紹介しています。ブロードバンド接続のためのPPPoE接続をご利用の場合は、MacOS X 10.2(Jaguar)を御覧ください。

ネットワーク設定画面の呼び出し

1-3.gif

1画面下部のDocから「システム環境設定」を開きます。Docに無い場合は、アップルメニューから「システム環境設定」を選択して「システム環境設定」を開きます。

1-2.gif

2システム環境設定が開いたら、「インターネットとネットワーク」の項目の中の「ネットワーク」を押します。

1-4.gif

ネットワークの設定

5.gif

1

場所を押して「新しい場所」を選択します。

「新しい場所の名前」欄に任意の名前を入力して「OK」を押します。

6.gif

2「TCP/IP」タブ欄を以下のように設定します。

7.gif

項目 内容
設定 PPPを使用
IPアドレス:DNSサーバ 通常空白のままにしてください。
固定設定が必要な場合は、次の通り入力します。改行キー(returnキー)で改行して2行になるように入力します。
東日本エリア
203.138.63.114
210.150.255.66
西日本エリア
203.138.63.114
203.138.63.122 
ルータ:検索ドメイン メールアドレスの@の後ろの部分を入力します
※例)abcdefg@he.mirai.ne.jpの場合、he.mirai.ne.jp

PPPタブの設定

1「PPP」タブは以下のように設定します。

8.gif

項目 内容
サービスプロバイダ 任意の名前を入力します
アカウント名 接続用ユーザ名(ご契約時のメールアドレス)を入力します。
パスワード 接続用パスワードを入力します
※パスワードに「¥」(円マーク)が含まれている方は、入力時にoptionキーを押しながら¥キーを押して入力してください。
電話番号※ ダイヤルアップ:0570010987
フレッツISDN※:1492 
パスワードを保存する 必要であればチェックします

※フレッツISDNをご利用の方は、必ず「1492」をご利用ください。ダイヤルアップ番号を入力しますと、通常のダイヤルアップ接続となり、通話料が発生します。

 

2設定が完了したら「PPPオプション」を押します。以下のように設定します。

9.gif

項目 内容
セッションオプション 使用する好みに応じて設定します。
ダイヤルアップの場合、通信を解除するまでの間通話料がかかりますので、接続解除までの時間は短めに設定しておくことを粗勧めします。 
PPPエコーパケットを送信 チェックします
TCPヘッダ圧縮を使う チェックします
ターミナルウィンドウを(コマンドライン)を使って接続する なし
詳細なログを作成する なし

プロキシタブの設定

1プロキシタブは「受動FTPモード(PASV)を使用する」のみチェックします。これ以外はすべて外します。

10.gif

モデムタブの設定

1モデムタブを押して、以下のように設定します。

11.gif

項目 内容
モデム お使いのモデムを選択します。上記画面では内蔵モデムが表示されています。
モデム内蔵のエラー低層と... チェックします
電話をかける前に発信音を...  チェックします
ダイヤル

お使いの回線がプッシュ回線:「トーン」
ダイヤル回線:「パルス」
※設定が違う場合は接続時に「BUSY(話中)」になります。 

スピーカ 入を選択

設定したら右下の「今すぐ適用」を押してください。

以上でダイヤルアップ設定はすべて終了です。