MacOSX 10.2 (Jaguar)のダイヤルアップ設定

ここではモデムを利用したダイヤルアップ接続について紹介しています。ブロードバンド接続のためのPPPoE接続をご利用の場合は、MacOS X 10.5(Leopard)を御覧ください。

ネットワーク設定画面の呼び出し

1メニューバーのアップルメニューから「システム環境設定」を開きます。

mac10-5_dup_01.gif

アップルメニュー以外にも、Dockにあります「システム環境設定」より開くことができます。

mac10-5_dup_02.gif

「システム環境設定」の画面でツールバーの「インターネットとネットワーク」項目にある「ネットワーク」をクリックします。

mac10-5_dup_03.gif

ネットワークの設定

mac10-5_dup_04.gif

「ネットワーク」の画面の"ネットワーク環境"をクリックし「ネットワーク環境を編集」を選択します。

mac10-5_dup_05.gif

画面下にある"プラス"ボタンをクリックし、「ミライネット」と入力します。
※上記は任意の名前でもかまいません。
入力しましたら、「完了」ボタンをクリックして「ネットワーク」画面に戻ります。

ネットワーク 画面に戻ります

mac10-5_dup_06.gif

ネットワーク環境をさきほど作成した「ミライネット」にします。

PPPの設定

mac10-5_dup_07.gif

画面左側からモデムを選択します。

※上記画面ではメールアドレスが”mirai-s@ip.mirai.ne.jp”を利用例として入力しています。
ご自身の接続ユーザ名は、お手元にあります登録確認書をご覧下さい。

項目 内容
構成 デフォルトを選択します。
電話番号 0570-010-987 と入力します。
※フレッツ・ISDNをご利用の場合はダイヤルアップ先が全国共通番号「1492」となりますので間違えて、アクセスポイントの番号を入力しますと通常料金が発生しますのでご注意ください。
 アカウント名  接続用ユーザー名(ご契約時のメールアドレスを入力します。)
マニュアル画面ではメールアドレスが"he.mirai.ne.jp"を利用を例として入力しています。
登録確認書をご覧いただきご自分が契約されていますメールアドレスを入力してください。
他に「ip.he.mirai.ne.jp」「hellonet.or.jp」「ngy.1st.ne.jp」「tya.1st.ne.jp」「mie.1st.ne.jp」「gix.or.jp」がございます。
パスワード ご契約時の接続用パスワードを入力します。
※パスワードに「¥」(円マーク)が含まれている方は、入力時にoptionキーを押しながら¥キーを押して入力してください。
メニューバーにモデムの状況を表示 チェックする。

設定しましたら、「詳細」ボタンをクリックします。

PPPの詳細設定

「モデム」タブを選択して、表示された画面を以下のように設定します。

mac10-5_dup_08.gif

項目 内容
製造元・機種 お使いのモデムの製造元・機種名を確認します。
モデム内蔵のエラー訂正と圧縮を使用 チェックします。
ダイヤルモード 「電話をかける前に発信音を確認」を選択
ダイヤル ご利用の回線によって選択します。
プッシュホン・ISDNの場合:トーン
ダイヤルホンの場合:パルス
※設定が間違っていますと、Busy「話し中」となります
スピーカー 入を選択します。
インターネットとの接続中に着信呼び出しがあれば通知 チェックしない。
呼び出しを受け取ったときに警告音を再生 チェックします。
通知から接続解除までの秒数 10秒に設定
「日本」を選択します。

設定しましたら「DNS」タブを選択します。

mac10-5_dup_09.gif

項目 内容
DNSサーバ 空白のまま
検索ドメイン 空白のまま

通常、DNSサーバのアドレスは自動的に取得できます。
手動で設定する場合は、DNSサーバ画面下にある"プラス"ボタンをクリックし以下の数字を入力します。

<東日本エリア> <西日本エリア>
203.138.71.154
210.150.255.66
203.138.63.114
203.138.63.122

「ルータ:検索ドメイン」 mirai.ne.jp

設定しましたら、「OK」ボタンをクリックします。

「ネットワーク」画面に戻ります

mac10-5_dup_10.gif

適用ボタンをクリックします。

以上で、ネットワーク接続は、完了です。