基本情報WindowsOSMacOSその他

PPPoE

イーサネットを通じて認証を行う方式。プロバイダーサービスでは、この方式を使って、自社ユーザかどうかを認証してインターネットへの接続を許可しています。

MacOSX 10.2 (Jaguar)のPPPoE設定

ここではブロードバンド接続のためのPPPoE接続について紹介しています。ダイヤルアップでの接続をご利用の場合は、MacOS X 10.2(Jaguar)ダイヤルアップを御覧ください。

ネットワーク設定画面の呼び出し

1画面下部のDocから「システム環境設定」を開いてください。

1-3.gif

Docに無い場合は、アップルメニューから「システム環境設定」を選択して「システム環境設定」を開いてください。

1-2.gif

2システム環境設定が開いたら、「インターネットとネットワーク」の項目の中の「ネットワーク」をクリックしてください。

1-4.gif

ネットワークの設定

1場所をクリックし、「新しい場所」を選択してください。

1.gif

2新しい場所の名前に、好きな名前を入力してください。

2.gif

ここでは、インターネット回線にあわせて「MiraiNET Flet's」と入力しています。

入力後、「OK」をクリックしてください。

3.gif

表示されている画面は上図の通りに設定します。

項目 内容
場所 MiraiNET Flet'sを選択(先に入力したもの)
表示 内蔵Ethernetを選択 ※「Ethernet」と表示されている場合もあります。

PPPoEの設定

1PPPoEのタブを選択してください。

3-1.gif

項目 設定内容
「PPPoEを使って接続する」 チェックします。
「サービスプロバイダ」 任意の名前を入力します。(上図ではMiraiNETと入力しています。)
 「アカウント名」 接続ユーザ名を入力
※上図では例として入力してありますが、必ず、お客様の接続ユーザ名を入力してください。
「パスワード」 接続ユーザ名のパスワードを入力
※パスワードに「¥」(円マーク)が含まれている方は、入力時にoptionキーを押しながら¥キーを押して入力してください。
「PPPoEサービス名」 (空白)
「パスワード保存する」 チェックしておくと、毎回パスワードを入力する手間が省けます
「メニューバーにPPPoEステータスを表示する」 チェックしておくと、メニューバーにPPPoEのステータスが表示されます

2全て入力したら「PPPoEオプション」をクリックします。

PPPoEオプションの設定

4.gif

項目 内容
必要な時に自動接続... チェックしておくと、インターネットへの接続が自動的に行われます
ユーザがログアウトするとき... チェックしておくと、ログアウト時に自動的にインターネット接続を解除します
PPPエコーパケットを送信 チェックします

接続設定は以上です。