基本情報WindowsOSMacOSその他

PPPoE

イーサネットを通じて認証を行う方式。プロバイダーサービスでは、この方式を使って、自社ユーザかどうかを認証してインターネットへの接続を許可しています。

Windows8 接続設定

新しい接続の作成

1コントロールパネルを開きます

Windows8コントロールパネル

デスクトップ画面より画面右下隅もしくは画面右上隅にマウスの矢印を移動し、表示されたチャームより「設定」をクリックします。

Windows8設定チャーム

設定チャームから「コントロールパネル」をクリックします。

2「コントロールパネル」画面が表示されます。

Windows8コントロールパネル1

「ネットワークとインターネット」にある「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。

3「ネットワークと共有センター」画面が表示されます。

ネットワークと共有センター

「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックします

4「接続オプションを選択します」画面が表示されます。

接続又はネットワークのセットアップ

「インターネットに接続します」を選択し「次へ(N)」ボタンをクリックします。

5「どのような方法で接続しますか?」画面が表示されます。

インターネットへの接続

「ブロードバンド(PPPoE)(R)」をクリックします。

6「インターネット接続プロバイダー(ISP)の情報を入力します」画面が表示されます。

インターネット接続プロバイダー(ISP)の情報を入力

項目 内容
ユーザ名(U)  接続ユーザ名を入力
パスワード(P)  接続ユーザ名のパスワードを入力
パスワードを記憶する(R)  チェックを入れる
接続名(N) ミライネットと入力(任意の名前で構いません)

※「ユーザー名(U):」「パスワード(P):」の欄には、ミライネットよりお送りしました登録確認書や、オンラインサインアップ時にメモしたユーザー名とパスワードを入力してください。

(上記画面は例ですので、この通り入力しても接続できません)
入力後、「接続(C)」ボタンをクリックしてください。

7インターネットへの接続が開始されます。

9.png

8「インターネットへの接続を使用する準備ができました」と表示されます。

インターネットへの接続を使用する準備ができました

以上で設定は完了です。

「閉じる(C)」をクリックしてください。