Windows Liveメール 2011の設定

Windows Liveメールを起動

1スタートボタンから「すべてのプログラム」を選択し「Windows Live」項目にある「Windows Live メール」をクリックしてください。

01.png

電子メールアカウントの設定

1メニューバーにある「アカウント」タブを選択し「電子メール」をクリックしてください。

02.png

2「自分の電子メールアカウントを追加する」が表示されます。

03.png

各項目について、以下のように入力してください。

項目 内容
電子メールアドレス お客様のメールアドレスを入力します。
パスワード 管理画面で設定したパスワードを入力します。
表示名 相手のメールソフトの差出人欄に表示される名前を入力します。
お客様のお名前やニックネームなどを入力するとよいでしょう。

日本語で入力した場合、外国へメールを送った際に文字化けするおそれがありますので、海外へメールを送られる方は、ローマ字で入力することをお勧めします。

 

設定後「次へ」をクリックしてください。

3「サーバー設定を構成」が表示されます。

04.png

各項目について、以下のように入力してください。

受信サーバ情報

項目 内容
サーバの種類 POP3を選択します。
サーバのアドレス ご契約によって異なります。以下の表「送受信サーバの指定」をご確認ください。
次を利用して認証する クリアテキストを選択します。
ログオンユーザ名 設定するメールアドレスを入力します。

送信サーバ情報

項目 内容
サーバのアドレス ご契約によって異なります。以下の表「送受信サーバの指定」をご確認ください。
サーバのアドレス・ポート 587を入力します。
認証が必要 チェックします。

送受信サーバの指定

項目 受信サーバ名 送信サーバ名
MRS Liteプラス xxx.mmrs.jp (※1) xxx.mmrs.jp (※1)
MRS
エントリー
スタンダード
ビジネス
xxx.mmrs.jp (※1) xxx.mmrs.jp (※1)
MRS Lite
(旧サービス)
mail.[基本契約ドメイン名] mail.[基本契約ドメイン名]
MRS Value&Basic
(旧サービス)
mail.[基本契約ドメイン名](※2) mail.[基本契約ドメイン名](※2)

※1 「xxx」の部分はお客様によって異なります。ご契約時にお渡しした登録確認書をご確認いただくか、管理画面の[メール管理]→[POP-ID一覧]をご確認ください。
※2 設定したいメールアドレスのドメインがマルチドメイン、サブドメインの場合でも、サーバ名は上記のものとなります。
また、ご契約時にお渡しした登録確認書や、管理画面の[メール関連]→[メールボックス一覧・編集]でもご確認いただけます。こちらでご契約別のメールソフト設定情報を掲載しております。

設定後「次へ」をクリックしてください。

4「電子メールアカウントが追加されました」が表示されます。

05.png

「完了」をクリックしてください。設定は以上です。